中古車のアフターサービス

中古車の買い替え時期になると、車買取と並んで重要なのが中古車選びです。中古車選びで大切なのは、値段や車の状態だけということはありません。

車を買ったからあと、すなわちアフターサービスをきちんとしてくれるかも大切です。新車と比べて中古車は、修理の可能性が高くなってくるので、買った後のケアをどの程度してくれるかを見極めてお店を選ばないといけません。

整備工場がある販売店で車を買った方が、修理の際に便利かもしれません。ただし、修理を購入した販売店にこだわる必要はあまりないかもしれません。

メーカー系列のディーラーは整備工場を完備しているので、そこで修理点検をしてもらったほうがより、安全で質の高いサービースを受けることができるからです。ただ、修理の金額にこだわるなら、販売店の工場の方が安く上がるかもしれません。

お店によっては修理・整備はもちろん車検や簡易板金をしてくれます。しかし、それ以上にいま、中古車選びで重要なのは、購入するクルマに中古車保証がついているかどうかです。

昔は中古車保証書がないのが当たり前でしたが、現在は多くの販売店が長期の中古車保証を用意しています。必ず、保証書のある販売店で購入してください。現在は2年ぐらいの保証期間が設けられている当たりまえと言ってよいでしょう。

ただ、車を売るだけのお店は敬遠したほうがよいでしょう。なので、アフターサービスのしっかりしている販売店で中古車を選びましょう。特に輸入車は、修理の際は部品を輸入しないといけない場合も多いので、アフターサービスの状況がたいへん重要になってきます。