車の査定と自分の印象

自動車の買取を依頼するとき、最終的にはプロの査定士がチェックして、最終的な査定額を決定します。

そのためには、どこかで自動車の所有者が査定士と接する場面があり、その心象も一つの大きな査定ポイントになるという人もいるのです。

売る人が人間であれば、買う人も人間です。車両の内部の状態は機械によるチェックをしたとしても、最終的な細かい部分を見るのは、査定士、つまり人間が行います。

売る側も、車両の事実で隠したいことを持っている人もいるのが現状です。たとえば、事故を起こしたことのある車両であるにもかかわらず、それを申告せずに査定に出したりするとどうなるでしょうか。

プロが内容をチェックするということは、車両に過去、何があったのかもすべて分かってしまいます。完全に修理をして見えなくなったものだったとしても、ちょっとした止め具の曲がり具合などから事故があったことが分かってしまうのです。

事故歴のある車は査定が下がるので、つい黙ってしまいがちですが、正直に申告をした方が心象はよくなります。買う側も人間が行うことですから、人としての印象が悪くなれば、査定額に影響が出ることもあるのです。

もちろん、プロとしての仕事はしっかりと行います。しかし、最終的な判断を求められるような場合、売り手の印象が決定打となる場合もあるのだということは覚えておきましょう。

意外と見落としがちな部分ですが、自動車は売ってやるという気持ちではなく、売りたいのでお願いしますという気持ちで持ち込むことを心がけたいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です