高速道路で渋滞

高速道路の込み具合を緩和させるための渋滞を起こさない運転方法というのがあるそうです。

それは、前のクルマとの車間距離を、各自が充分に空けることです。高速道路での車間距離の取り方が、とても大切になってきます。

車間距離をどれくらい取ったらよいのか? それはだいたい40メートル以上必要だそうです。

では、車間距離を40メートル以下にしてしまうと、どうなるでしょうか? 前を走っている車との距離が40メートルの状態を想像してみてください。ここで前の車がブレーキを踏んだら、あなたもブレーキを踏むことになると思います。

もし、40メートル以上の車間距離を維持していれば、ブレーキを踏む必要がありません。つまり、一番前を走っている車がブレーキを踏めば、後続の車はすべてブレーキを踏むことになります。

この連鎖が、高速道路の渋滞の原因です。つまり、40メートル以上の車間距離を維持していれば、渋滞は起こらないことになります。

高速道路の側面には車間距離を示す看板、40mや80mの標識があります。それを確認しながら走れば、渋滞を引き起こさないのです。

車間距離は追突事故を防止するためにばかり必要だと思っている方は多いだろうと思いますがですが、高速道路の渋滞を防止するためにも、気をつけて守りたいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です